こんにちはささきです

桐原氏のブログにもありましたが・・・
明日はいよいよ社内カットコンクール当日です

ささきもモデルさんご協力のもと、ここ暫く必死であります。
あーでもないこーでもないと色々色々考えたり遅くまで残っていたりすると、、
ついつい甘いものが欲しくなります

甘いものをとると疲れがとれるというのは本当だそうで。
”糖分=脳が欲しがるエネルギー源”
なので、適度にとると仕事や勉強もはかどるんだそうです

しかーし

この、『疲れた時には甘いもの』。実はあまりよろしくないとか…

なぜなら糖分や脂質をエネルギーに換える際、多くのビタミンB群が使われるため、疲労回復に役立つビタミンがこちらにばかり優先されると、当然疲労回復は遅れてしまうという。。。

ようするに、一時しのぎというか…悪循環というか…そんなところでしょうか

じゃあ何ならいいの?ということで。
疲れた時に食べると良い食品を調べてみました


*豚肉 (疲労回復効果のあるビタミンB1とエネルギー源となるたんぱく質が豊富。)

*酢・梅干し・柑橘類 (これらに含まれるクエン酸は肉体疲労時はもちろん、脳の疲労にもおすすめ☆) 

*納豆(良質のたんぱく質、ビタミンB1が含まれている。)

*鶏むね肉(疲労回復効果のある「イミダペプチド」という成分が含まれている。そして低カロリー低脂肪高たん白とヘルシー!!!)

*はちみつ(エネルギー源として吸収が早く疲労回復効果が高い.また、砂糖と違い、血液を酸性化して疲れやすい体質にしてしまうことがない。)←やっぱり甘いものが欲しい…という時はコチラがおすすめ



やっぱり甘いものが欲しいささきは・・・・・
今夜くまのぷーさん張りにはちみつ舐めて眠りにつきたいと思います。笑
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック