コンニチハ。黒沢です。

髪の毛の色を変えるとき、皆さんは簡単手軽なホームカラーで染めますか??
美容室に行きますか??

ホームカラーは、なんとなく髪に悪いとはわかっていても実際何が髪に悪いかわかりませんよね。

ネットの記事に違いがわかりやすく書かれているものがあったので抜粋して載せてみますね。
難しいことがたくさんなので苦手な方は後半から読んでください。

まず大きな違いは2剤の使い分けが出来ること。

市販の物でも2種類の液体(もしくはクリーム状の物)を混ぜたり、よく振って使ったりしますよね?
これ1つが染料の入った1剤、もう1つが過酸化水素の入った2剤なんです。

サロンでのカラーはこの2剤をダメージによって使い分けます。
ダメージの少ない部分には過酸化水素濃度6%もの、
ダメージの大きい部分には過酸化水素3%のものなど・・・
それに比べ市販のカラー剤はどんな髪も簡単に染まるように6%になっています。

過酸化水素はブリーチに大きく影響するものなので必要以上の濃度はダメージに繋がります。

また、市販のカラー剤によってはどんな髪も染まるように1剤に含まれるアルカリ濃度を高くしているものも
あるそうです。
アルカリ剤はキューティクルを開く効果のあるもので、これも必要以上に高いとダメージにつながり
キューティクルが開いたままになってしまうので色落ちも早くなってしまいます。

詳しく調べてみると使っているアルカリ剤や過酸化水素も違うようで、それもダメージに差が出るようです。

とまぁ難しいことを沢山書きましたが、市販の物はやっぱり傷む!!ってことですね・・・

他にも・・・
美容室でのカラーの種類は無限大!!色んな色を混ぜて作ったり・・・
きっと似合う色が見つかりますよ。。。
最近ではハイライトやローライトで色んな表情をつけたり・・・
1人1人のオリジナルカラーが出来るんです!!
サロンカラーの良さはやっぱりここじゃないでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック